藤本式記憶術 数学の記憶法(k002)の感想

藤本式記憶術内容

藤本式記憶術のk002という
ファイルのレビューです。

数学の式楕円対の体積を求める式を
記憶術で覚えるという内容で、
2:02という短い音声です。

数学の公式を記憶術で覚えるという解説を
している音声は珍しいですね。

藤本式記憶術の内容は基本的に
イメージ変換で記憶するので、
何をやってもイメージ変換のやり方です。

内容的にも数学にしろなんにしろ、
イメージ変換をして覚えることが基本なので、
本で書かれているものと変わりありません。

要するに2:02秒間、喋りながら
イメージ変換をしているだけなので、
他の覚え方と同じということ。

イメージ変換は記憶術の肝ですが、
大抵の記憶術はイメージ変換の解説を
していないものが大半です(何度も書いてますが)。

藤本式も同様で、イメージ変換の音声が
たくさんあるにも関わらず、イメージの解説を
詳しくしている音声はありません。

例えば円形なのでひまわりに変換します。

とかそれだけしか言ってないんですよね。

どうやってイメージすると記憶しやすいとか、
イメージするときのポイントは何が重要なのかとか、
そもそもどの程度のイメージが浮かんでいれば
良いのかとか・・・・・・・・

そういう解説はなぜかほとんど無いわけです。

実際に記憶術をやってみたことがある人は
ここでできない壁にぶつかるわけです。

たくさんのものを変換していくうちに
結局記憶したのに思い出せない・・・・
これじゃぁ、記憶術を使っても使わなくても
あまり変わりないじゃないか・・・・と。

それはイメージの仕方が間違っているというか、
ポイントがずれているからであって、
解説してもらえばずいぶんと記憶に
残るようになるんです。

もちろん、2:02秒の音声なので
解説はほぼありません。

解説があるのはメインファイルの方に文章で
解説というか基本的なことが書かれていますが、
これは書籍のほうがページ数も多く、
内容も詳しく書かれています。
(本も読んだけど僕は記憶術できなかった人)

それなので、記憶術の本よりも高い値段で買った人は、
やはり内容が本より薄い部分が気になると思います。

インターネットが無かった時代に
本が出ているということは、それが全力なんですよね。

全力で記憶術を解説したのが本であるので、
そういう見方をすると、安値で売られている
本と内容的には同じなのは当たり前だと思います。

というより、1冊の本の方が僕としては
詳しく書いてあると感じました。

2冊、3冊・・・・20冊以上とか購入しても
安いということを考えると、冷静な比較が
できるように感じます。

ネットで売られているものは、
本で売られていたものを単純に
DVDや動画や音声にしただけのものもあるので、
結構注意が必要です。

本を知らなければ「そういうもの」だと思いますが、
本を知っていると同じ内容で値段が高かったりするのは
購入者としては不満が出そうなものです。

値段に比例してそれなりの工夫も必要になってくると
たまに思いますね。

あくまで僕の経験からの意見なので、
参考になる人は参考にしてくださいませ。

Categories

open all | close all

コメントを残す