東大記憶法体験談(実践記)58日目 緻密に覚える

今回の東大記憶法の音声レビューは
講義17の道筋を辿る その1緻密に覚える
という55分43秒の音声です。

第一期生に向けて喋っている音声という内容らしいです。

というか、来た質問を読みそれに答えていく
淡々とした解説型ラジオ番組みたいな感じ
というと分かりやすいかもしれません。

で、内容ですが、

--------------------------------

1.漢字の覚え方

2.似ているものの覚え方

3.アイデア出し

4.小説を読む

--------------------------------

という4分割の内容と言ってよいでしょう。

どれも今までの復習を色々と変化を混ぜてやっている感じで、
復習と更なる理解+応用的な意味合いがあると思います。

■1.漢字の覚え方というのは、
ネットで調べても覚え方が載っているものに
東大記憶法のイメージ記憶のエッセンスが加わっているようなもので、
よくある漢字記憶をより長期記憶に移行させる記憶術という感じ。

■2.似ているものの覚え方は、
わりと英単語の似ているものを例に出して、
今までの東大記憶法の手法で解説しながら実演する
内容になっていました。

■3.アイデア出しについては、
わりと単なる補足のような内容でした。
でも、アイデア出しをスルーしていた人もわりといそうな位置づけ
だったので、アイデア出しの使い方がわかる内容なので
個人的にはわりと嬉しい内容でした。

■4.小説を読む
これは基本的な頭の良さが関わってくる内容かと感じした。

小説を読んでから音声を聞いて下さい
という部分があって、小説を読みます。

といってもネットで前編読める参考リンク付きなので、
簡単に読めます。

総文字数も 12284文字程度のものなので
それほど時間は掛かりませんでした。

400字詰めの作文用紙30枚ちょっとって感じ。

その先は課題になるんですけど、
少し変則的になってきていますが、やはり
面白い記憶術(記憶法)だなという感じがしました。

ということで
講義17の道筋を辿る その1 緻密に覚える
のレビューはこのような内容でした。

内容が伝わり、あなたの参考になれば幸いです。

では、また!

とも

Categories

open all | close all

コメントを残す