速読の学校 実践記(0日目)

速読の学校ともです、おはようございます。

とりあえず速読の学校というものを無料お試し期間を使ってやってみました。

で、1ヶ月やってみたところそれなりに良さそうなので2ヶ月目も継続して、実践レビューをしていこうかと思います。

いつまで速読の学校を継続するかはわかりませんが、あなたの参考になればと思い、実践記を書いていこうかなと(実践記がすごく役立つと言ってくれる人もいるので)。

速読の口コミって少ないですしね。


で、「速読の学校」は、ジニアス記憶術の川村明宏さんの速読技術を学べるオンラインの速読教材です。

これは無料お試しで紹介されているもので、気に入れば継続してお金を払ってやっていくタイプの速読教材ですね。

今回お試しをしてみたところなかなか良さそうだと感じたので継続していこうかと。

速読本とかで速読をやってきた人には、パソコンを使う速読は斬新だと思いますね。

ちなみに現在、速読トレーニング2ヶ月目です。この記事はトレーニング前に書いたものに付け加えている感じです。

そのうち感覚を狭めてリアルタイムで実践記をやっていこうかと思います(どうでもいい事ですが)。

速読の学校レビュー

速読の学校は、キャンペーンでやっていたフォームから1ヶ月無料お試しに登録するとメールが届くので、そこからIDなどを登録し、速読の学校サイトにログインして、パソコンの画面を見ながら川村式速読のトレーニングをしていく内容となっています。

難しいマニュアルとかもなくて、割と短い時間の訓練がメイン。

始めは「こんだけ!?」とか「ちょっとショボイ」と感じる人もいそうかも(笑)

で、速読の学校のサイトはログインすると各項目がありますが、メインとなるのは「速読トレーニングプログラム」というもので、1ヶ月ごとに区切られた中に、毎日の速読トレーニングができるよう1日毎に区切られています。

1日目・2日目・3日目・・・・という感じ。

それをクリックしてその日の速読トレーニングをやっていくという感じですね。

トレーニングはいくつかありますが、基本トレーニングは川村明宏さんの記憶術教材である「ジニアス記憶術」と全く同じものがいくつかあります。

もちろんジニアス記憶術にはあって、速読の学校にはないトレーニングもあるので、片方を購入すれば全て足りるというものではないですが。

値段もジニアス記憶術は買いきり型で一回お金を払えば後は費用がかからないのに対し、速読の学校は月額制なので毎月お金が掛かります。

こういうのはあなたの経済状況ややる気、目標などによって検討するといいですね。

もう少し具体的に速読の学校のトレーニング内容を見ていくと、わりと本などでよく見る速読トレーニングはやはりありますね。

速読訓練をやったことがある人ならよく目にするジグザグの眼球移動などですね(笑)

時間も1日分の速読トレーニング全部合わせても10分ちょっとで終わるくらい短いですが、効果は感じられました。

効果を感じるというのは、視野が広がる感じがするとか、目が疲れるとかそういうたぐいのもので、いきなり凄く早く本などを読めるようになるわけではないですよ。

あとは効果を感じるだけではなく、計測できるので、記録をつければ自分の速読の成長率がわかるでしょう。

その他「速読の学校」のサイトの内容としては、「速読カリキュラムの動画」や「必須資料」、「初めての方へ」・「よくある質問」・「問い合わせ」・「シークレットコンテンツ」・「速読で伸び悩んでいる方へ」・「受講生の実績」・「コミュニティ」・「人生を変える100冊の本」・・・など、いくつかコンテンツがあります。

速読トレーニングを中心にやって、カリキュラムなどその他を見て行けばいいと思うので、そんな感じでやっていこうかと思ってます。

ちなみに「速読の効果が感じられない人に向けて」という動画をなんとなくクリックして見てみましたが、結構論理的でわかりやすく、簡単な対策も言っている動画で良いと感じました。

というのも、僕は10代の頃に速読の本を読んでやってみましたが、全然効果を感じられなかった人なので(笑)

何気の本だけではなくて速読教材とかも買ってましたけど^^;

その後も速読をいくつかやってみましたが、効果を感じられない事が続いて現在に至るという感じですね^^;

今回はできるようになると期待して・・・・いや、期待しないで淡々とレビュー・実践記をやっていきますかね。

速読に興味がある人は、読んでもらえると役立つと思います。

では、次回から実践した感想などを書いていきます。

長文お付き合いありがとうございました。

とも

Categories

open all | close all

コメントを残す