藤本式記憶術 音声003、004、005の感想

藤本式記憶術を実践した感想を書いています。

藤本式記憶術のファイル
003、004、005の音声の内容は
つながっています。

003の長さ → 3:44の音声。
004の長さ → 2:17の音声。
005の長さ → 2:20の音声。

なぜぶつ切りにしているのかはわからないですが、
3つで一つの内容なので、まとめて
レビューしてみました。

ファイナンシャル・プランニング
技能検定2級の学科試験を記憶術で
藤本憲幸さんが、藤本式記憶術を実演しながら
記憶していく内容の音声です。

これも問題と回答を記憶術で記憶していきます。

問題は短いものだし、問題を記憶術で
記憶しなくてもいいような気もするかもしれません。

しかし、専門用語がある程度簡単に覚えられるのが
記憶術が使える人のいいところでもあるので、
そういう感じでやるのはとりあえず有り
だとも思います。

ちなみに、余談ですが、ある人は、
覚えられるならなるべく記憶術は使わない方が
いいとも言われていて、僕も同意見です。

藤本式記憶術のやり方は、意味とか理解を深めていけば大抵は
自然と覚えられるところでも、そういう勉強の仕方はせず、
インスタントに記憶術で記憶して合格するという
考え方かな?・・・・なんて感じます。

この音声、藤本憲幸さんが問題を読み間違えて
「あー、○○か、ごめんなさい」と言っている
所(途中)で終わっているという謎の音声でした(笑)

これが003の音声。

それ以降の004も005も
同じような感じで続きました。

とりあえずイメージ変換の事例を参考にして欲しいと
いう意図で音声化したのか?と解釈してみても、
イメージ変換を詳しく解説しているわけではない。

なので、あまり記憶術の書籍によくある
パターンのやり方と同じような感じで

「こうやって、こうします。」

というシンプルな感じで、
それほど参考にならないように感じました。

もちろん参考になるかならないかは
人によりますが、大道芸などを見ていて

「こうやって、こうやるんです。」

といわれてもできないのと似ている気がします。

やはり、ある程度事細かに教わり、
やりながら躓く箇所や、ダメなポイントなどの
詳細もないと記憶術をマスターできるレベルに到達
するのは厳しいというのが僕の意見。

そのような感じで終始進んでいく感じです。

一応言っておくと、記憶術とかではなくても、
イメージを使うとその場では少し記憶力がアップ
して覚えやすくなります。

しかし、長期記憶に入れるための工夫が
足りないと数分~数時間で忘れてしまう種の
記憶になるんですね。

つまり長期記憶には入らないわけです。

その部分が語られていないので、
購入者はなかなか記憶術を使いこなせるようには
ならないように感じています、自分の経験も含めて。

これは難しくて、人によって描くイメージが違うためと、
描いたイメージが有効かが初心者には判断できないため、
どれだけ印象深かったり記憶に残るかが
わかりにくいんです。

なので、そういうポイントを詳しく解説しないと
初心者にはできないと、僕は記憶術を色々やってきて
実感しています。

この藤本式記憶術は実演はあるものの、
このポイントの解説が非常に弱い感じがします。

昔からある記憶術はそういうものが多く、
実用レベルでマスターするには何か足りないというのが
僕の長年の悩みでした。

ネット販売されるようになって、その辺りが詳しく
語られるようになっているのかと期待して色々と
記憶術や勉強法を買っていたのもあったんですが、
そういう商品は今の所、東大記憶法だけです。

記憶術といわれるものの感想やレビュー、本や
セミナーなど色々なところで見聞きしてもなかなか
実用的なものがないですが、共通するところは、やはり
藤本式と同じように解説が乏しいところかと。

藤本憲幸さんの場合は、本屋に売っている本の方が
解説が詳しいので、そちらを参考にするといいと感じました。

ということで、藤本式記憶術を実践した体験談でした。

次回以降もまだ続きます。

Categories

open all | close all

コメントを残す