東大記憶法体験談(実践記)43日目 第7週目スタート

おはようございます、ともです。

東大記憶法第7週目スタートです。

今回は音声ファイルが結構多いです。
音声講義はテーマごとに13と14回に分けられていて、

音声講義13のテーマは調査というもの。
その1(20分38秒)
その2(25分25秒)
その3(21分36秒)
その4(30分53秒)

の4本の音声で構成されています。

音声講義14はテーマが図表の覚え方で
27分28秒、33分51秒の2つの音声で語られている形。

あとは9分42秒の補足音声があります。

量は多いですが、20分~30分程度の音声6本+補足音声1本
なので、わりと調度いい感じ。

その他はいつも通りQ&Aやイラストノート、あとは資料、
そして先輩達の学習時間という目安も見れます。
そして課題も毎回ありますね。

東大記憶法第7回はこんな感じの内容です。

で、早速、「音声講義13その1」の感想を書いていきますね。

詳細は、数字イメージに関しての受講生からの
質問をネタに吉永賢一さんが一人で
回答している音声。

イメージで記憶していると、
同じイメージが登場させることがありますが、
その対処について3つほど
方法をシンプルに解説しています。

使ったイメージが被るとごっちゃになって思い出すときに
どっちだろう?とかその続きとかもわからなく
なるので、記憶術でそういう部分に躓いていた
ことのある人は良く分かるネタです。

あと他の質問についてもアドバイスしていますが、
個人的にはほんの数秒ですがカメラを・・・
というのが参考になりました。

あとはイメージにし易いものは何かという
話を吉永賢一さんの子供時代の経験に
基づいて解説しています。

音声の長さは20分程度で
内容的にも緻密なものでもないので、
わりとサクサク聴けます。

この悩みがピンポイントの人は役立ちますが、
特にピンポイントに悩んでない人は
それほど役に立つわけではないでしょう。

ということで、東大記憶法第7回の内容レビューでした。
次回は講義13の音声その2の感想というかレビューを書いていきます。

一応、現状では記憶できる数も、
記憶に残る実感も増え、いい感じです。

では、また次回!

Categories

open all | close all

コメントを残す