東大記憶法体験談(実践記)63日目 第9週目感想

東大記憶法第9週目が終了したので、その感想です。

全10回の講座と聞いているので、
もうすぐ終了です。

第9週の内容ですが、
メールに凄そうなことが書いてあった割には、
内容は今までの復習と更なる詳細的な内容だったので、
そこまで凄いという印象はありませんでした(笑)

東大記憶法も全10回なので、
もう今まで学んだ内容をひたすら別角度で復習したり、
実践ベースで復習したりと復習と
詳細な理解が全体的に多いです。

一週間通してみると、全体的に目新しいものは
無い印象で、広がりよりも深みを求めて
勉強している感じになります。

荒削りだったものを整えている感じもするんですが、
東大記憶法は基本ベースの知識を学んで、
後は各自でカスタマイズしていくもの
という部分もあります。

これは東大記憶法だけではなく、
記憶術や勉強法全般に言えることですが、
自由にやることとカスタマイズすることを
混同させるような教材が多いので気をつけましょう。

東大記憶法は講座の前半の方に
基本的な知識が入っていて、後半にその
知識の荒かった部分を整えたりしていくような
構成になっていると感じました。

現状でも記憶力は格段に上がっているのは
課題をこなしている人は分かっている状態になりますが、
それでも、自分なりに記憶法カスタマイズできた人と
できていない人では、すごく差が生まれると思います。

記憶術でも東大記憶法でもその辺りの
重要性を感じた第9回の内容でした。

以上、東大記憶法第9回の感想でした。

では、また。

とも

Categories

open all | close all

コメントを残す