勉強法や記憶術のレビューを中心に、比較や口コミ、そして実際に試した教材の体験談やノウハウなどを書いていきます。

東大記憶法体験談(実践記)34日目 100個の名称を記憶してみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
人を向上させる事や目標達成に指導・サポートする事で多くの成果を出してきました。もともと自分の向上目的であらゆるノウハウや知識を学んでいて、お金も時間もどんどん使って現在もガンガン向上しています。記憶術や速読ができるなど、欲しかった能力を手に入れる事ができ、それらすごさを実感しているので、習得する際の失敗や成功の体験談、教材のレビューなどについても書いています。勉強は一生やっていくし、時間は戻ってこないので、レビューを参考にして質の高い教材に出会い、充実した人生を送れるようにあなたを応援しています!

100個の名称を覚えるというのをやってみました。
いやー、かなり時間がかかりましたね^^;

今回の内容は記憶術によくある連想結合法みたいなもので覚えつつ、
今までの東大記憶法の勉強内容を実践して身につけていく
感じのチャレンジです。

実際やってみた感想としては東大記憶法のやり方を
一つ一つ守りながらやるので、現状ではパパッとできないので
少々もどかしいながらも、やはりテクニックや注意点を
忠実に守っていくと今までの記憶術よりしっかり覚えられます。

もちろん思い出せないものもありましたけどね(笑)

こういう実践を取り入れて記憶術比較をしていくと
思い出せる数を数えていけばいいだけなのでどれだけ
覚えやすくなったかが分かりやすいんですよね。

僕は他の記憶術でも同じようなことをやっていたので、
一番違いを感じたところを比較すると、記憶したり想起(思い出す)
する際のストレスが少ないことだと思います。

やっていることは同じようなことですが、
要点に注力するからポイントをはずさず最小限の力で
記憶できるんでしょうね。

とはいっても、かなり時間もかかったし、
1回では覚えられなかった部分もあったので(次回具体的に書きます)
現状ではもっと復習が必要な感じ。

ただ、2回、3回復習すればしっかり覚えられるので、
東大記憶法のノウハウの前半部分だけでも
優秀な記憶術の技法だといえるでしょう。

こうやってレビューや感想を書いていますが、
実践しないとわからないのと、理解している度合いによって
個人差もあるので、その点を踏まえて参考にしてください。

こうやって簡単なものでも大量の記憶ができるようになると
自信をつけることができますよね。

東大記憶法はその辺りのメンタルの変化も
考慮されて作られていると吉永賢一さんが言っているので、
やっている人はぜひ、100個の名称を記憶して自信をつけられる
ことを祈ります!

では、また。

この記事を書いている人 - WRITER -
人を向上させる事や目標達成に指導・サポートする事で多くの成果を出してきました。もともと自分の向上目的であらゆるノウハウや知識を学んでいて、お金も時間もどんどん使って現在もガンガン向上しています。記憶術や速読ができるなど、欲しかった能力を手に入れる事ができ、それらすごさを実感しているので、習得する際の失敗や成功の体験談、教材のレビューなどについても書いています。勉強は一生やっていくし、時間は戻ってこないので、レビューを参考にして質の高い教材に出会い、充実した人生を送れるようにあなたを応援しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 勉強法・記憶術の『超』実践レビュー , 2013 All Rights Reserved.