東大記憶法体験談(実践記)24日目 東大記憶法とジニアス記憶術の比較

東大記憶法をやっていくリズムとしては
僕個人としては

日・月・火曜日が音声1本+他Q&Aなど
木・金・土曜日が音声1本+他Q&Aなど

というようなリズムでやっています。

とはいっても音声も1本ずつ同じ長さってわけでもないので
あくまで僕の目安ですが。

今日は吉永賢一さんの東大記憶法と川村明宏さんのジニアス記憶術の
比較レビューも含め実践記を書いていこうと思います。

川村明宏さんは記憶術の前に速読とかで結構本を出していた人で、
昔はそっちの方が有名だったように思います。

僕は速読とかも興味があったので川村明宏さんの出している本などは
かなり読みましたがイマイチ速読はできませんでしたね。

で、速読から話を戻してジニアス記憶術はどうなのかというと、
とりあえず効果はあったんですが、「買ったほうがいいよ。」と言えるほど
効果があったかというとそこまででもないんですよね。

ジニアス記憶術の販売ページはこんな感じ → ジニアス記憶術

よくある記憶術の販売ページのごとく簡単かつ
ものすごい効果があるように書かれていました。

で、実際やってみると多少は効果があったというのが僕の感想。

読み物とトレーニングサイトがあって、
トレーニングサイトにはいくつかトレーニングやゲームがあるんですが、
個人的に色彩トレーニングはとても良くて、色に関してイメージがわかない人は
ジニアス記憶術はおススメしたくなります。

僕個人の感想として色に関してだけですよ、オススメは。

ただ、他のトレーニングは多少効果を感じられたものの、
販売ページで言われているほどの効果は得られませんでした。

あと時間は短いし、見ているだけなんですが、
意外と毎日やるのが億劫だったりします、僕だけかもしれませんが(笑)

吉永賢一さんの東大記憶法と比較してレビューすると、
ジニアス記憶術は機械的、東大記憶法は人間的な感じがします。

東大記憶法は心構えや意識、無意識、そしてテクニックや考え方、
イメージ操作など、わりとアナログな人間的な手法が
練り上げられている感じです。

ジニアス記憶術はパソコンを見て目を動かしたり、
色の変化や形の変化を見て脳に刷り込みとかの効果を与えたりするタイプ。

お金に余裕があるとか、時間に余裕がある人は両方やってもらえば
良いと思いますが、状況や意気込みがそこまででもない人は
東大記憶法がハズレない記憶方法として僕はおススメします。

ちなみに東大記憶法はアナログ的な記憶法というと良い印象を与えなさそうなので
一言いうと、今のところ一番効果がある商品だと言えます。

次回書く8本目の音声は今までやっていた記憶術と同じような内容だったんですが、
効果がやはり頭ひとつ飛び抜けていて、シンプルなのに具体的なポイントが
わかっているとここまで違うんだなと実感できるほどでした。

とりあえず次回書きますね。

あと東大記憶法のこういうところどうなの?
など聞きたい人は遠慮なくどうぞ。
東大記憶法に興味があるなら、実際にやっている人(僕)がいて聞いていいですよと
言っているので聞かないのは勿体無いかと思います。

有効に使って下さいませ。

では、今日はこのへんで^^
お役に立てたなら幸いです!

Categories

open all | close all

コメントを残す