東大記憶法体験談(実践記)21日目 3週目終了


東大記憶法体験談(実践記)の21日目の感想です。

1週間は7日で7日×3=21日目ということで、
気分としては早くも3週間経過という感じです。

東大記憶法は、吉永賢一さんが受講生に記憶法をマスターさせるために
構成を考えて作っているようで、90日間あるし、
1週間ごとの分量もわりと少なめだと思っていました。

でも、意外と少なめでも働いていたり学生だったりすると
そこそこ忙しくなってくる感じで、調度良い分量に感じてくる
人もわりといると思います。

逆に、一日中家にいることが可能な浪人やニート、
主婦の方などは分量的に物足りなくなく感じるかもしれない分量です。

とは言っても後半はかなりの分量をこなすことになるようなのと、
分量は物足りなく感じる人も、毎週届くわけなのでトータルで見ると
凄い分量をこなすことになりますね。

同じような勉強法教材や記憶法などと比較すると、
90日間でかなりの音声や動画の時間になると思います。

記憶術のDVDとかは大抵突っ込んだ説明がないので、
できないことが多いですが、東大記憶法は吉永賢一さん自体が
細かい教え方をするので、躓きにくいように感じます。

その為、音声の時間が40分あったとしても
言っていることはシンプルで、それを理解させる為にひたすら
解説を徹底している感じが、サラリと解説して終わらせてしまう他の
記憶術や学習法教材との違いだと感じます。

吉永賢一さんの解説は、人によってはくどいと感じるくらい
細かい解説な気がしますね(笑)

では、また次回!

Categories

open all | close all

コメントを残す