東大記憶法体験談(実践記)20日目 記憶術との印象の違い


東大記憶法体験談(実践記)の20日目です。

吉永賢一さんの東大記憶法は、90日間の期間でマスターしていく
ように作られているので、20日目ともなるとだいぶ進んだ感があります。

記憶術とか勉強法全般の商品ではこのようにトレーニングみたいな
通信講座的な作りのものはほぼ無いので結構楽しみながら
実践しています。

ネットにある東大記憶法の口コミとかは、大抵は東大記憶法や
記憶術をやってない人が書いているのでこういう楽しい感じとかは
書かれていないと思うんですが、結構売り切りがたの商品と、
毎週音声とかが届く(ダウンロードパスワードが届く)タイプの教材では
やる気や身に付き方が大きく違うと感じます。

東大記憶法にしろ、他の記憶術や勉強法にしろ、
そのような部分を参考にした方が、自分が買ってやり続ける時に
大きな間違いをしないで済むので意外とポイントだったりしそうですね。

買うときの参考にしてください。

参考ついでにもう少し書くと、
東大記憶法は、今のところよくあるような本を一冊即座に記憶できるとか
一回覚えたら一生忘れないとかそういう怪しいものではない感じです。

もっと現実的なノウハウとマインド改善みたいな部分が多くて、

こういう考え方でこういうやり方をやっていくと記憶できるようになります。
具体的にはこういうことをやります。
課題では自分なりにやったものを提出してください。
先輩達の宿題提出はこんな感じ&吉永賢一さんのアドバイスはこんな感じ。

とかそういうような感じですね。

なので、すごく現実的にレベルアップしていくタイプの
記憶教材という印象なので、神がかり的な超記憶術みたいな
売り込みをしているものとは違います。

神がかり的なもので記憶が飛躍的にアップした試しは無いので、
神がかり的な嘘っぽい商品で「やられた」経験がある人には、
お勧めだと思いますが、まだ20日だからバリバリ記憶できるようになった
わけでもありません。
でもしっかり記憶に残るようになり、実感も湧いています。

なので今後の僕の伸びを参考にしてください!

Categories

open all | close all

コメントを残す