吉永賢一記憶法の内容 | 勉強法・記憶術の『超』実践レビュー

勉強法や記憶術のレビューを中心に、比較や口コミ、そして実際に試した教材の体験談やノウハウなどを書いていきます。

勉強法・記憶術の『超』実践レビュー

東大記憶法 実践記

東大記憶法体験談(実践記)62日目 ゴロ合わせの技術

投稿日:

どーも、ともです。

東大記憶法の音声講義18の後半の感想です。

後半は、ゴロ合わせの技術ということで、
ゴロ合わせについての復習を地図を覚える際に
使ったものや、その他の記憶技術を組み合わせつつ、
実演しつつのような感じで学んでいく感じです。

その中でゴロ合わせの使い方を詳細に実演・解説
するような内容で、目新しい部分はあまりないものの
密度は濃いのでわりとお腹いっぱいです(笑)

改めて思うのは、やはり実演は大切だということ。
できる人がどうやって記憶術を使っているかなど、
今までの記憶術商品は事例の量が少なかったものばかりで、
事例はあっても省略されすぎているものばかり
な感じも否めませんでした。

東大記憶法はさすがに90日もあるので、
それなりに実演が出てくるので、かなり記憶術系の
教材としては評価が高いと思います。

理屈ばかりではなく、実践重視なので重要ですよね。

僕もコーチングをするとか、人にものを教える際には

----------------------

やってみせ、いって聞かせて、させてみて、
褒めてやらねば人は動かじ

----------------------

という 山本五十六 元帥(海軍大将・連合艦隊司令長官)

の言葉が好きで、事例や実演、その他
教える基本を重視しています。

もちろん、東大記憶法には山本五十六の話や
言葉は出てきませんけど(笑)

教材の構成や、先生・師匠などを選ぶとき、
色々な人がいますが、この山本五十六の言葉
に近い人物に習えるなら大金を払ってでも習った
方が良いと僕は思っています。

実力が凄いだけでは教育はダメで、
人にものを教える人は信頼や教える技術など
実力以上に重要なことが多いと思います。

で、東大記憶法での吉永賢一さんは
教えることが上手いので、個人的には他の教材で
満足できなかった人も、満足しやすいのではないかと
実践レビューをしながら思いました。

語呂合わせの技術に関しては購入してもらわないと
詳しい内容は言えないので伝わらないと思いますが、
実演などが多く含まれる内容が重要だと思うので、
そこだけ伝わるように書いてみました。

参考になれば幸いです。
では、また!

とも

Categories

open all | close all

-東大記憶法 実践記

Copyright© 勉強法・記憶術の『超』実践レビュー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.