つがわ式第3章 世界一速い授業丸ごと記憶法の感想

つがわ式記憶法

こんにちは、ともです。

本日もコロンブス学院のつがわ式記憶法のレビューです。

世界一速いつがわ式第三章 授業丸ごと記憶法
は全6ページでした。

授業を聞いてその内容を記憶する方法の
具体的な解説が書いてあります。

基本的には第一章・第二章と同じです。

それを授業を受ける時にどう使っていくか
というようなケースに置き換えての
解説という印象を受けました。

細かい点などで言えば、
先生がこうしている時にどうするなどと
いう具体的なことが書いてあるので、
その辺は実践しやすいと思います。

つがわ式世界一速い

その他、子供に親が教えるにはどうするかと、
ノートを提出しないといけない場合はどうするか
などという部分も書いてありました。

僕としては第一章と第二章と原理は同じなので、
特に目新しさは感じませんでしたが、
更に具体的につがわ式記憶法が
理解できる章だと感じました。

世界一速いつがわ式第三章 授業丸ごと記憶法
のレビューについては以上です。

ところで、僕個人としてやってみた感想ですが、
つがわ式は文章をわりと地味に整理して
把握しやすくするという印象を受けています。

一見速いですが、まぁ、調べないと分からないところは
調べる時間がかかるので、「世界一速い」とかに興味をひかれると
少しギャップがあるかもしれません。

でも速いと思いますけどね(笑)

東大記憶法のやり方と一部にていますが、
整理するというのは理解することや記憶することに
大きく関係があるので、頭がよい人の整理の
仕方を学ぶのは自分が成長するのに役立ちますよ。

掃除とか、作業の仕方とか、アルバイトや
仕事をやっている人はやり方を見てみると
いいと思います。

なんでもできる人というのは
整理されていることが多いんですよね。

つがわ記憶

電気屋とかにいって商品説明を求められると、
イマイチわからない店員に当たると
頭の中が恐らくごちゃごちゃしているんだろう
と感じるときがあります。

余計なものを省かないと勉強は難しくなるので、
掃除や人の話を分析して、整理を上手くなるよう
にしていくと良さそうですね。

では、今日はこの辺で。

とも

Categories

open all | close all

コメントを残す