東大記憶法体験談(実践記)45日目 復習の意味

こんにちは、ともです。

東大記憶法は90日プロジェクトなので、
45日目の今回で半分終わったということですね。

わりと分量がバランスよく構成されているつくりなので、
急激に遅れたりしない感じなのがいいところです。

イメージの仕方のスムーズさなどによって
個人差は出ると思いますが。

今回は「講義13その3」という音声のレビューを書きます。
内容的には「復習」の仕方を更に実践的に進めた感じ。

音声は21:36と割と短めですが、東大記憶法のカリキュラムは、
ここのところ復習に関して結構学ぶように作られていたので、
その関係で、復習マスターになってくる感じです(笑)

ほかの記憶術と比較した場合、ここまで復習に力を入れていた
教材は無いと思うので、かなり「記憶」について、
そして勉強について踏み込んでいる感じがします。

そして、なぜここでこういう復習をやるのか?

という部分も納得いく解説がされていて、
今まで上手くいかなかったのはその段階をスルーしていたから
だという事がよく分かる内容でした。

東大記憶法は普通の記憶術+勉強法の色が強い気がします。

だからこそ、使えるって事ですが、体験談を書いていて、
口コミなどには載っていない感覚がわかってもらえれば嬉しいです。

レビューをしていて思うのが、毎回発見がある教材は珍しいなと。
こんな感じでとりあえず復習に関してきっちりまとめて
記憶の保持力を上げていこうと思います。

では、また次回!

とも

Categories

open all | close all

コメントを残す